90を優に超えたばあさんが、そろそろあぶないという話。
なんでも小便が出なくなって、肺に水が溜まって入院した と。

ばあさんに最後に会ったのはいつだっけかなぁ?5年くらい前か?
その時は1人で暮らしてたんだけど、だいぶボケてきたんで弟の勤めている札幌の施設に入れたんだと。
今はすっかりボケてしまい、もう誰が誰だか分かんなくなったって。

もう90も過ぎてるからさ。今さら延命治療なんかも誰も望んでいない。
別に死んだからといって、それほど悲しいということもないのだが、いざ死んでしまうとなるとこのまま顔も見ずにお別れするのもなんだか寂しい気がしてさ。
せめてまだ生きてるうちにひと目顔を見せてくるのもいいかなと思って。
今日、両親が見舞いに行くってんで、オイラも一緒に札幌まで行ってきた。
どうせ天気は雨だし、そもそも腰が痛くて痛くて農作業もできないし

札幌の病院へ🏥
ばあさんの入院してる病室へ行ったら、ベッドはもぬけの殻。
一足遅かったか〜 と思ったら、休憩室で車椅子に座って点滴してた(^_^;
あれれ?今日明日にも死にそうなんじゃないの?以外に元気そうだけど。
「ばあちゃん、誰か分かるかい?」って聞いたら「さて、知らない人だなぁ・・・」って
名前を言っても全然ピンとこない様子。一番孫なんだけどなぁ。
まぁ最後に会ったときから比べても、だいぶ風貌も変わってるしなぁ(爆)
オイラに限らず、実の息子のオヤジのことも誰だか分からないようだ。
ボケるってのは恐ろしいもんだなぁ。

でも今日明日中にも死にそうではないみたい。
なんだか顔色もいいし、おしっこも出るようになったらしいし、飯も自分で食べてるようだ。
そもそも他に悪いところは特にないってんだから、病的レベルでいえばオイラの方がよっぽど危ない(^皿^;

そんなばあさんの顔を見たら、なんだかホッとした。
最後まで誰だか思い出してはもらえなかったけど、話はできたし。
おそらく会うのももう最期かもしれないな。100歳まで生きてお祝いでもするとかっていうなら別だけど(笑)
会いに行ったって誰だか分かんないんだもん。
でもある意味幸せかもね。きっと死んだかどうかも分からんで死んでいくんだろうな。
病院からの帰り際、ふと長渕剛の『Mother』って歌を思い出したよ。


せっかく札幌まできたのでジョイフルAKに寄って野菜の苗を買い、恵庭の道の駅でスタンプを押して帰ってきました。
途中 恵庭でキレイな虹が🌈
かと思えば交差点で仰向けになってる車も
やっぱり札幌はオソロシイところだ。もう二度と行きたくないっ!

では次回も乞うご期待!
21:50 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]