2017年05月17日

塩味野菜



こないだ札幌に行ったときにジョイフルAKで買ってきた苗を植えました。
これは“アイスプラント”っていう比較的新しい野菜。
主に生のままサラダで食べる。ちなみにオイラは食べたことがない(^_^;
最近流行っているようだ。気になる味は・・・なんと塩味!
このアイスプラントは乾燥や塩分の強い土地でも生育できる塩生植物で、土中の有害物質なども吸着して蓄積する性質があるんだって。

栽培は簡単らしい。
乾燥した南アフリカ原産の植物なので、あまり水を与えすぎず乾燥気味に育てたほうがいいらしい。
もちろん普通に畑に植えてもいいのだが・・・

普通に育てると、特徴である“しょっぱさ”がなくなってしまうようだ。
土中の塩分を貯めるからしょっぱくなるわけで、普通の土には塩分なんてほとんどないからしょっぱくならないそう。
じゃぁ塩味にするにはどうするのか?
なんと塩水を与えるんだって!
塩分濃度3%と海水と同じくらいの塩水をあげるってんだから、かなり塩分には強いんだねー。

畑に植えて塩水なんかかけたら、他の野菜を育てられなくなっちゃう
なので他の野菜とは別にしてプランターに植えました。

成長も早く、1ヶ月もすれば収穫できるようになるってヽ(^∇^)/
大きくなったら順次葉っぱを摘み取って食べるそうだ。
花が咲いてしまったら枯れちゃうらしいけど、ツボミが出てきたら摘み取っちゃえば脇芽が出て長く収穫できるようだ。

最近は聞いたことのなかったような野菜がいろいろあるなぁ。

では次回も乞うご期待!
21:09 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]