2017年11月24日

古川沼



先日、またまた近所の沼を探検に行ってきました。

古川沼


沼ノ端のゴミ処理場のすぐ近くにある沼です。

かつては蛇行していた勇払川が河川改修により直線化されたときに残された、いわゆる“三日月沼”です。
昭和19年に日本陸軍により撮影された航空写真では、かつての沼ノ端飛行場のすぐそばを改修される前の蛇行した勇払川が見て取れます。


行く道がわかりづらいですが、沼のすぐほとりまで一応車で行くことはできます。
沼の水際まで下りられるように木製の階段も整備され、草刈りもされていました。
案内看板も設置されており、それによるとこの沼の一帯は苫小牧市の自然環境保全地区に指定されていて、アイヌの丸木舟なんかも発掘されたところのようです。

市街地からは外れてますし、こんなところまで散歩に行く物好きもいないだろうから、この沼のことを知ってる人もかなり少ないことでしょう。
ま、知ったところで何もありません。知っていても人生において何の得にもなりませんね(^_^;

では次回も乞うご期待!
17:41 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]