2018年07月06日

死刑!



麻原彰晃ほか、オウム事件の死刑囚が一斉に処刑されましたね。
事件から23年だって。もうそんなに経つんだなー。
地下鉄サリン事件後、オウム真理教に強制捜査のメスが入って、麻原彰晃が天井裏に隠れていたころ、当時上九一色村にあった❝サティアン❞と呼ばれる施設をわざわざ見に行ったことがあります(笑)
警備になまりの強いおまわりさんが立ってて叱られるかと思ったら「どーぞどーぞ、あれが第7サティアンですよ」と親切に教えてくれたっけww

いろいろ賛否両論あるようですが、オイラは死刑制度には大賛成です。
死をもって償わなきゃならない罪は絶対にあります。
基本的に他人を殺したら、殺した人も殺されるべきです。
日本では死刑執行は絞首刑らしいですね。ほぼ即死で一番苦しみが少ないのだとか。
オイラはそんなの甘いと思いますね!
人を苦しめて殺しておいて、罪人は税金で養ってもらった挙げ句に安楽死なんて!
死刑囚も一応貴重な命には変わりない。ただ殺してしまうなんてもったいないですよ。
どうせ殺すなら人の役に立つように殺すべきです。
例えば薬物実験するとか、得体の知れないキノコを食べさせて食毒判別するとか
戦争中なんてそうだったのでしょう?捕虜だとか罪人に危険な強制労働をさせたり。鉄道や道路なんてほとんどそうやって造ったはずです。

麻原彰晃は最期に何を言って執行されたのかなぁ?
死刑囚の知られざる執行前の最期の言葉
オイラなら何か面白いことを言って死にたいなぁ。

  〜 浮世を忘れた坊主でさえも、木魚の割れ目で思い出す 〜 合掌

では次回も乞うご期待!
18:39 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]