今年もマーカストウガラシの実がたくさんなっている。
鉢植えにしてあるんだけど、植えたのは2016年の3月だったようなので、もう2年以上枯れずに育っている。
普通のトウガラシとは違い、❝キダチトウガラシ❞という種類で多年生のトウガラシなので、完全に凍らせでもしない限り枯れないようだ。
幹も木質化している。草ではないね。
かなり丈夫である。春先に「これでもか!」っていうほど剪定して丸ボウズにしたのにたくさん芽が出てきてすぐに復活!💪
花もたくさん咲いて、1cmほどの小さな実がいっぱいだヽ(^∇^)/

我が家にはもう1種類、同じ❝キダチトウガラシ❞がある。
これは去年、新十津川の親戚が沖縄へ遊びに行ったときに持ってきた❝島とうがらし❞。
マーカストウガラシと同じキダチトウガラシの仲間なようだが、マーカスのよりも実が大きく、およそ3cmほどである。
辛さは通常のトウガラシよりも遥かに辛い! でもマーカストウガラシの方がもっと辛いね
木もマーカストウガラシよりも大きいようだ。
本来、沖縄で使われてる調味料、『コーレーグース』はこの島とうがらしを材料に作られているそうだ。

まだビニールハウスの中でなってるキャロライナリーパーやハバネロも、鉢上げしたら多年草化するかしら?
寒くなって完全に枯れてしまう前にやってみよう!

では次回も乞うご期待!
12:30 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]