2019年06月29日

不幸続き



弟の飼ってたロシアリクガメのガッツさんが死んじゃったって(_ _)/~~
しばらく前から鼻水をたらしてて、エサも食わなくなってたんだって。
肺炎だったのかね?

ガッツさんがうちの来たのは2008年の2月4日
元々は友人のラオウ君の飼ってたカメだった。
飼い主のラオウ君が亡くなってしまい、オイラが引き取ってきたのだ。
ヒドイ環境で飼われていたようで、いつ死んでもおかしくないような状態でした。
それがなんとか立ち直り、あれから11年。昨日お亡くなりになりました。

リクガメの寿命としては短いでしょう。
30年とか50年、へたすりゃ100年近く生きるらしいからね。
連れてきたときには、とてもその後10年以上も生きれるとは思えなかったもんなぁ。

弟のところにはまだギリシャリクガメとヒョウモンガメがいます。
この2匹は元気なようです。


死んでしまったといえば、我が家のウズラちゃん、7羽いたうち3羽が相次いで死去
ついこないだまでは元気だったんだけどねぇ。
実は死因には思い当たるフシが・・・・・

庭の片隅に植えてある山ワサビに毛虫が湧いた🐛
何の毛虫だかわかんないけど、カラフルな色の毛虫。
それを捕まえてきてウズラのケージの中に放り込んだんだよ(/・・)/⌒🐛
そしたら寄ってたかって、あっという間に食っちまった🐤
毛虫まで食うのか!? いやしい奴らだなぁと思ってたんだ。
そしたら翌日に相次いで死亡・・・・・
きっと毒毛虫だったんだろうなぁ。
それにしても毒かどうか分からんもんかね?
戦争中の❝かわいそうな象❞でさえ毒の入ったリンゴは食べなかったっていうのに。

また孵化させなきゃならんな。
でも今月入卵したのは全て無精卵だったようで1羽も孵化しなかった
残った4羽が全てオスでないことを祈る(-人-)

では次回も乞うご期待!
18:32 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]