2019年09月29日

今度こそお宝か!?



オヤジが勇払の廃屋を片付けている。
片付けてるとはいえごちゃごちゃしたのを引っ掻き回すばかりで、遅々として進んではいないようだ(^_^;
今日も「スゴイお宝を見つけた!」と言って何やら持ってきた。
お宝お宝って、たいしたものがあるわけないのだが・・・・・

今日発掘してきたのがコレ
一見、古いお札のようだが、大きさがA4用紙くらいと大きい。
200円と書いてある。
元サイズはA3大で、下半分には7円30銭と印刷されたものが10枚。

もう1枚同じようなものが。

こちらは80円。これまた中途半端な2円92銭分のが10枚。

これは一体何なのか?
よく見ると『大日本帝国政府 支那事変行賞 賜金国庫債券』と書いてある。
大蔵大臣より昭和15年に発行されたもののようだ。
昭和12年におこった支那事変で戦争へ行った軍人にご褒美として発行された公債らしい。
お金のように重要なもののようだが、安っぽいわら半紙のような紙に普通に印刷されているだけで、特に透かしとか偽造防止がされている風でもなく、今の技術なら偽造仕放題な感じ(^_^;
10枚つづりのものは裏に名前を書いてハンコを押し、郵便局などへ持っていくと額面のお金がもらえたようだ。
どれも1枚も使われた形跡はない。

さてこれはどのくらいの価値のあるものなのだろうか?
調べてみたら・・・・・
『軍人及び軍属以外の者に交付された賜金国庫債券を無効とすることに関する法律』というものが1982年7月23日の施行されており、すでのただの紙クズになっているようだ
ちなみにけっこう残っているらしく、ヤフオクで1000〜2000円程度で取引されているようだ。

そうだろう。やっぱりお宝なんでそう簡単に見つかるはずないんだよ

では次回も乞うご期待!
18:21 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]