2019年10月20日

史跡整備



今日は朝から苫小牧郷土文化研究会の活動で史跡周辺の草刈り作業。
今回草刈りしたのは古川沼周辺。
この辺は昭和41年に発掘調査がおこなわれ、アイヌの丸木舟が発見されて、市の天然記念物指定地区に指定されています。
雑木林の中に埋もれるように標柱が立っており、この周辺を草刈り。
今日の参加者は9人。当然年寄りばかりww
そもそも会員が年寄りばかりだからなぁ。
しかも持ってきてるのは鎌。そんなんじゃ日が暮れますよ!
なのでオイラが家から刈払い機を持ってって、生い茂る笹を一掃しました。

標柱周辺の次はすぐ近くにある戦争遺産の『稔橋』の草刈り。
稔橋とは・・・・・「みのりばし」ではありません。「ねんばし」と読みます。
1922年に開業されて1984年に廃止された国鉄富内線の旧勇払川に掛けられていた橋で、戦前は鉄橋だったのが軍事物資として解体されて、コンクリート製の橋に掛け替えられたようです。
昭和19年に日本陸軍により撮影された航空写真でも、沼ノ端飛行場の北をまっすぐ東西に敷かれた線路と川に掛かる橋が見て取れます。
今は勇払川も直線化され、川もない雑木林の中にポツンと橋だけが残されています。
橋の周辺はおろか、橋の上にまで草が生い茂っていたのも刈払い機で一掃。
すっかりキレイになりました
でもこんなところをキレイにしたって、誰も行かないし何の意味もないんだけどなぁ。
ま、「こんな活動しましたよー」っていうアピールですな。

草刈り作業も11時くらいで終了。
今日は昨日から変わって天気もよく、刈払い機を振り回して汗だくになりました。
なので毎月恒例のHOのクーポンを使ってむかわの温泉へ
いつもどおりポポンタ市場で昼飯も食ってこようと思ったんだけど
激混み!
元々たいして広くはないんだけど、天気もいいしシシャモのシーズンだからかすごく混んでました。
むかわの道の駅も混んでたけど、温泉は空いてました。昼間っから温泉に入る人ってそんなにいませんからねぇ。
仕方ないので風呂だけ入って飯は食わずに帰宅。
並んだり待ったりするのは大ッキライですからね!

では次回も乞うご期待!
14:53 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]