2020年10月13日

包丁



オイラは危険人物なので(爆) 物騒なナイフなんかも好きなのである。
山菜採り用のナイフとか、使いもしない装飾用のナイフなんかを何本か持ってる。
そういやこんなナイフもあるなぁ。

ナイフといったって、何もサバイバルナイフみたいなのばかりがナイフじゃない。
日本の包丁だって立派なナイフだ。
いつものようにAmazonを物色してて、こんな本を買っちゃった📖
日本の包丁 2021
文字通り、包丁の本。
日本の和包丁ばかりじゃなく、海外の洋包丁も。
包丁なんてさ、30年前に就職するときにもらった、やっすいステンレスの穴あき包丁しか持ってないけど、実にいろんな包丁があるもんだなぁ。
普通一般に使われてるのは❝三徳包丁❞っていうらしいね。
野菜も肉も魚もなんでも切れる両刃の包丁。❝万能包丁❞とか❝文化包丁❞なんていわれる包丁だ。
だけどプロの料理人は様々な専用包丁を使うようで。
魚をおろす❝出刃包丁❞だとか、同じ魚でも刺身用の❝柳刃包丁❞とかタコ専用の❝蛸引包丁❞なんてのもあるようだ。
肉用だって牛肉用の❝牛刀❞、鶏をさばくための❝筋引❞、他にも野菜を切る❝菜切包丁❞やパンを切るのもある。
変わったところでは吊るし柿の皮むき専用のものや、のし餅を専門に切る包丁まで!

いや〜包丁ってのも奥が深くて面白いもんだなぁ。

では次回も乞うご期待!
19:07 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]